新しい Circuit WaveCel ヘルメットが登場

Circuit WaveCel ヘルメットが登場

Circuit WaveCel(サーキット ウェーブセル) ヘルメット(¥21,900)が新登場しました。空気力学的に優れた流線型のデザインで、巡行中の速さにつながるエアロ効果も発揮。302gとWaveCelラインナップの中で最軽量のヘルメットは、長距離ライドでも快適です。(掲載価格は2021年12月現在のものです)

快適性&安全性を高めるテクノロジー

自転車本体やコンポーネント同様に、ヘルメットも進化しています。新しいCircuit WaveCel(サーキット ウェーブセル) ヘルメットは、快適で空力性能に優れた特徴を持ち、まっすぐや斜めからの衝突を軽減させ、あなたの体の最も大切な部位、つまり脳を守るウェーブセルテクノロジーを採用ししています。

Blendrマウントシステム

Blendr マグネットマウントシステムでボントレガーのライトを装着できます

GoProなどのアクションカムを装着するのも良いですね

付属のマウントでライトなどを装着することが出来ます。舗装路でもトレイルでも、あらゆるライドに最適なヘルメットです。

フィッティングが大事

ヘルメットの選び方としては、まず適切なサイズを選ぶこと。そして、頭に正しくフィットするよう調整します。走行中や転倒時にヘルメットがずれないようにするストラップはヘルメットを頭に固定させるため、正しく調整することが大切です。ヘルメットを掴み、前後に揺さぶってみましょう。正しくフィットしたヘルメットは快適なまま、前に動いて視界を妨げたり、後ろへ動くことはありません。

ヘルメットの交換時期

ヘルメットは、シェルおよびライナーが部分的に破損することで衝撃を吸収するよう作られています。すべてのダメージが目で見えるわけではありません。ヘルメットが衝撃を受けた場合は、損傷していないように見えても新品に交換することをおすすめします。

また、ヘルメットには使用期限があり、明らかな摩耗が生じたら交換するべきです。さらに、ヘルメットに使われるパーツは、時の経過とともに強度が損なわれます。そのため、ヘルメットに衝撃や損傷がなくても、購入日から3年程が経過したヘルメットは交換するようにしましょう。

ボントレガーヘルメットの特徴

当店でも人気のあるボントレガー製のヘルメットのおすすめポイントを紹介します。

万一の際にあなたを守るテクノロジー

WaveCelやMIPSといった、最新のテクノロジーをいち早く取り入れています。

アジアフィット

アジア人の丸めの頭部形状を研究して最適なフィットを実現しています。

30日満足保証

30日間有効のお試し期間のようなもので、ボントレガーヘルメットに満足できない場合、購入後30日以内なら交換が可能です。

クラッシュリプレイスメント プログラム

購入後1年以内にヘルメットを破損した場合に、無償で交換してもらえるプログラムです。(購入を証明できるレシートなどが必要です)

まとめ

ヘルメットは、あなたの身体(頭)を守ってくれる非常に大事なものです。自転車本体やパーツと比較すると、なかなか積極的に買い替えを検討するものではないと思いますが、もし過去に衝撃を受けたヘルメットや、購入から3年以上が経過したヘルメットをお使いの方は、この機会に最新のヘルメットを検討されるのはいかがでしょうか。

[clink url=”https://takicycle.com/blog/r9200_duraace”]

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!