新着情報&イベント

2022版 トレックFXシリーズ比較

「トレックのFXシリーズの購入を考えているけど、どのタイプを選べばいいのかわからない…」なんて、悩んでいませんか。このページでは、今シーズン特に人気の高い「FX3 ディスク」「FX2 ディスク」「FX1 ディスク」の3機種に絞って、解説していきます。購入後に後悔しないように、各モデルの違いについて理解しておきましょう。

トレックのクロスバイク「FX」シリースとは

トレックのクロスバイク「FX」は、サイクリングや通勤・通学、日常の移動手段としての自転車にぴったりのクロスバイクです。FXという名前の由来は、フィットネス&エクササイズという言葉から来ているそうです。6万円台のFX1から29万円台のFXスポーツ6まで数種類がラインナップされていますが、どのモデルも万能で快適で楽しく走れるようデザインされています。10年以上前から、細かいアップデートを繰り返しながら、クロスバイクの人気モデルとして愛され続けているのです。

人気の高いトレックFXの3モデル

一般的に「トレックFX」を検討されるお客様は、FX3ディスク/FX2ディスク/FX1ディスクの3機種で悩まれる方がほとんどです。実はこの3車種、車体の骨格部分であるフレームは形状も素材も同じものが使われており、組み合わせられるタイヤやホイール、変速機やブレーキなどコンポーネント、身体に触れるハンドルやサドルなど細かなパーツがモデル毎に異なります。

走りの軽快さ(スポーツ性)、快適さ(乗り心地)、そして自転車選びにおいて無視できない要素のひとつ「価格」、3つをどうバランスさせるか、同じフレームをベースにしながら3モデルがランナップされているというわけです。

2022 FX3 Disc カラー/Viper Red to Cobra Blood Fade

FX3ディスク(2022)

FX2ディスク(2022)

FX1ディスク(2022)

FX3ディスク 快適さとスポーツ性のバランスの良さ

2022 FX3 Disc カラー/Viper Red to Cobra Blood Fade

カラー/Viper Red to Cobra Blood Fade

日常的な使いやすさ、サイクリングの爽快さの両方を味わえるのが、FX3ディスクの特徴と言えます。スポーツ性の高い700×32cタイヤにカーボン製フロントフォークを組み合わせ、振動吸収機能IsoZoneを搭載した専用ハンドル&グリップを装備して、快適性を損なうことなくスポーツ性を高めています。ドライブトレインは本格的なマウンテンバイクと同様の1×レイアウトを搭載しています。

FX3ディスクをおすすめする5つの理由
  1. スポーツ性と日常性のバランスの良さ
  2. 振動吸収性が高い上に軽量なカーボン製フロントフォーク
  3. シマノ製 油圧ディスクブレーキ
  4. 1×11=11段変速ドライブトレイン
  5. 振動吸収機能が内蔵されたハンドルバーとグリップ
¥99,000(税込) 4カラー
2022 FX3 Disc カラー/Matte Dnister Black

カラー/Matte Dnister Black

2022 FX3 Disc カラー/Alpine Blue to Deep Dark Blue Fade

カラー/Alpine Blue to Deep Dark Blue Fade

2022 FX3 Disc カラー/Crystal White

カラー/Crystal White

2022 FX3 Disc カラー/Viper Red to Cobra Blood Fade

カラー/Viper Red to Cobra Blood Fade

FX2ディスク コストパフォーマンスの高いモデル

カラー/Quicksilver

今回の3モデルの中でFX3ディスクが優れているのは価格的に考えて当然かもしれませんが、FX2ディスクのバランスの良さも忘れてはいけません。同一フレームならではの、ハンドリングの良さに、ロードバイクのような2×9=18速ドライブトレイン、700×35cの幅広タイヤの安心感が加わっています。比較的距離の短い移動が中心の用途でしたら、FX2ディスクを選ぶのもアリだと思います。

FX2ディスクをおすすめする3つの理由
  1. 上位機種(FX3ディスク)と同一のフレームを使用
  2. 価格を抑えつつ快適性はキープ
  3. 軽量なアルミ製フロントフォーク
  4. シマノ製2×9=18段変速
  5. テクトロ油圧ディスクブレーキ
¥81,400(税抜) 4カラー

カラー/Satin Viper Red

カラー/Satin Lithium Grey

カラー/Satin Nautical Navy

カラー/Quicksilver

FX1ディスク 低価格ながら走りは本格派

カラー/Satin Trek Black

上位機種と同一のフレームを使用しながら税込68,200円という低価格にまとめられたFX1ディスクは、もちろんスペックや走りの面で上位機種に劣る部分はありますが、クロスバイクの楽しみを十分に味わうことが出来る1台です。

FX1ディスクをおすすめする3つの理由
  1. 上位機種と同一のフレーム
  2. 低価格(税込68,200円)
  3. 悪天候でも安心して止まるディスクブレーキ
  4. 平坦路から坂道までカバーする16段変速(2×8)
  5. トレックの限定生涯保証(フレーム)
¥68,200(税込) 2カラー

カラー/Rage Red

カラー/Satin Trek Black

おすすめはどのタイプ?

一概にどのモデルがベストかは、ここで言い切ることは出来ません。というのも、スポーツ自転車の中でクロスバイクは、特に様々な使われ方をする自転車だからです。街乗りはもちろん、自転車通勤/通学の場合は乗られる方によって距離が全く違います。週末にはサイクリングを楽しまれることもあるでしょう。乗り方や予算によって、選ばれるモデルは様々です。

走行感を簡単な表にしてみました。

FX3 ディスク 価格 ★★★☆☆ 軽快さ ★★★★★ 快適さ ★★★★★
FX2 ディスク 価格 ★★★★☆ 軽快さ ★★★★☆ 快適さ ★★★★☆
FX1 ディスク 価格 ★★★★★ 軽快さ ★★★☆☆ 快適さ ★★★★☆

価格を考えなければ、快適さを含めた日常性を犠牲にせず、軽快さも両立しているFX3ディスクが一番のおすすめなのは間違いありませんが、例えば、数キロの自転車通勤用ということでしたら、FX1ディスクで車両本体の費用を抑えつつ、別売りのフェンダー(泥よけ)やキャリアなどを装着して快適性/日用性を好みにするほうが良いかもしれません。

サイドスタンド(別売)

リアキャリア/フェンダー(泥よけ) 別売

やはり、実際にご来店いただいて、具体的な用途や、その自転車でやりたいことをお話し頂くのが一番です。モデルは限られますが、実際にご試乗いただくことも出来ますし、最適なサイズをご提案することも出来ます。ぜひご来店ください。お待ちしております!タキサイクル牧の原モア店

トレックFXシリーズの在庫状況

今回紹介してますFXシリーズに限らずですが、コロナの影響で工場の稼働が停止したことや、世界中で自転車の需要が急増したことで、車体/パーツメーカー共に供給が追いつかず世界的に品薄な状態が続いております。モデルにもよりますが、新規のご注文から入荷まで、数ヶ月〜1年以上という異常な状況です。タキサイクルでは、なるべくタイムリーにお客様に納車できるよう、大量のオーダーを行っております。入荷予定につきましても、お気軽にお問い合わせください。

ページ上部へ戻る