新着情報&イベント

10万円〜20万円で買うトレックロードバイク

ロードバイクにはたくさんの種類があり、最初の1台をどれにするか迷ってしまいます。そこで、今回は10万円〜20万円で選ぶ、おすすめロードバイクの紹介です。ぜひ参考にしてください。

ドマーネ AL 2 ¥99,000(税込)

トレックのラインナップ中、最安値のロードバイクです。100シリーズアルファアルミを使用した軽量なアルミフレームに、しなやかなカーボン製フロントフォークを組み合わせた、ベーシックなロードバイクです。

ハイドロフォーム技術により形成されたフレームは、エンデュランスジオメトリーと呼ばれる、安定感がよく乗りやすい設計が取り入れられており、ロングライドにも安心です。また、深みのあるペイントは、クラスを超えた質感があります。

16段変速のシマノ製ドライブトレインを採用。変速レバーはブレーキレバーと一体型なので、手をバーから離さずに操作できます。初めてのロードバイクとしても、既にお乗りの方の自転車通勤用としても最適です。キャリアやフェンダー(泥除け)などを別売りオプションで取り付けて、カスタマイズすることも可能です。

カラーは、ネービー系の「Gloss Mulsanne Blue/Matte Trek Black」と、ブラック系の「Trek Black/Carbon Smoke」がございます。

ドマーネ AL 2 Disc ¥123,200(税込)

ドマーネ AL2をベースに、ディスクブレーキを装備したモデルが、このドマーネ AL2ディスクです。ディスクブレーキ車の外観上の特徴として、ワイドタイヤ(700×32C)によりショック吸収性と、乗り心地の優しさがあげられます。また側面がブラックアウトされたリム(ホイール)が、全体をぐっと引き締めて精悍に見えるというメリットもあります!

ディスクブレーキ自体のメリットとしては、車体が濡れてもブレーキの制動力が落ちにくいことにあります。また少ない握力でコントロール出来ることも大きなメリットです。ディスクブレーキで得られる安心感は、結果的に長距離ライドの腕や肩の疲れを軽減してくれる効果があります。

カラーは、ノーマル(リム)ブレーキのドマーネAL2と同様に、ネービー系の「Gloss Mulsanne Blue/Matte Trek Black」と、ブラック系の「Trek Black/Carbon Smoke」の2種類です。

ドマーネ AL 3 Disc ¥145,200(税込)

ドマーネ AL3ディスクは、ドマーネ AL2ディスクのコンポーネントをアップグレードしたモデルです。コンポーネントというのは、ドライブトレイン(変速機やギアなど)や、ブレーキシステム(ブレーキ本体やレバーなど)、ハンドルやサドルなどのパーツ全般のことを指します。

ドマーネAL2ディスクの16段ドライブトレインに対し、シマノ製SORA(ソラ)の18段ドライブトレインを採用しています。上位機種譲りのスムーズな変速性能と、高級感のあるデザインです。ブレーキ本体は、ドマーネAL2ディスクと同様にテクトロ社製のメカニカル(機械式)ディスクブレーキを採用しています。

カラーバリエーションは、ホワイト系(Crystal White/Matte Trek Black)と、グレー系(Lithium Grey/Trek Black)の2種類です。

ドマーネ AL 4 Disc ¥184,800(税込)

ドマーネALシリーズの最上級モデルが、ドマーネ AL4ディスクです。フレームとフロントフォークは、同じドマーネAL2ディスク/AL3ディスクと同様ですが、組み合わされるコンポーネントが異なり、シマノ・ティアグラ(20段)を装備、ディスクブレーキもシマノ製ティアグラ 油圧式(ハイドロリック)が装着されます。

油圧式ディスクブレーキのメリットはコントロール性の良さ。言葉で説明しにくい部分ですので、ぜひ店頭でレバーを握ってみてください。タイヤは700×32Cのワイドタイプです。

カラーバリエーションは、レッド系(Gloss Radioactive Red/Matte Black)、ブラック系(Gloss Trek Black/Matte Trek Black)、ホワイト系(Era White/Carbon Smoke)の3種類です。複雑な形状のフレームデザインと相まって、アルミフレームとは思えない存在感がありますよ!

ロードバイクを買う際の注意点

初めてスポーツバイクを購入される際は、車体価格+α(5,000円〜3万円前後)のご予算を考えて頂くことをおすすめします。自転車の楽しみ方によりますが、フロアポンプ(空気入れ)、ヘルメット、ライト、鍵、サイクルコンピューター(スピードメーター)、ボトルケージ(ドリンクホルダー)などを、同時に購入されるケースが少なくありません。ビンディングペダルを使用するユーザーの多いロードバイクやマウンテンバイクの場合は、ペダルが別売りになっているモデルも多くあります(今回のディスクブレーキ装着の3モデルはペダル別売りです)。初めは通常のペダルからスタートされる方もいらっしゃいますし、初めからビンディングペダルを選ばれるケースもあります。楽しまれ方、ご予算に応じて、同時購入された方が良いもの、後々でも良いものなど、何でもお尋ねください。

ページ上部へ戻る